2018年3月の図書便り




☆ 2018年3月 釧路点字図書館制作点字図書

「昭和史からの教訓1〜25 北海道新聞夕刊コラム 私の中の歴史」 保坂 正康 全1巻
 ここ数年で日本は安保法制によって自衛隊の任務が拡大し、6月には「共謀罪」法も成立しました。元号が変わろうとしている今ほど昭和史からの教訓が必要とされる時代はないでしょう。「僕(保阪正康氏)も77歳になりました。昭和史から学んだことを中心に自身の歩みをお話しさせていただきます。」

「疑問の黒枠」 小酒井 不木 全5巻
 差出人不明の謎の新聞広告を利用して自らの模擬生前葬と還暦祝いを企図した村井喜七郎は本当に死んでしまう、他殺か? さらに死体は紛失し・・・。

「心療内科を訪ねて 心が痛み、心が治す」 夏樹 静子 全3巻
 ひどい腰痛に苦しみ、3年間の地獄を体験した著者によるルポルタージュ。腰痛・肩こり・不眠・倦怠・・・の原因はあなた自身かもしれません。

「コーヒープリンス1号店 上」 イ・ソンミ 全3巻
 ウンチャンは生活費や妹の学費のため朝から晩まで働いた。勤め先のテコンドー道場が閉鎖し職を失った。そんな時出会った財閥の御曹司に弱みを握られ、見合いをするため彼の恋人のふりをさせられ、さらに彼のコーヒーショップで男として働く。

「生きることば あなたへ」 瀬戸内 寂聴 全1巻
 深夜、思い煩って眠れない時、誰れかに苦しい胸の内を打ち明け、聞いてほしい時、孤独にさいなまれて、さめざめとひとりで泣きたいとき、ふと、手をのばして頁をくってみたい本があれば、どんなにか心が慰められることでしょう。もしこの小さな本があなたにそういう役目をしてくれたら、そんな嬉しいことはないと思います。

「緋の河 北海道新聞2月1日〜2月28日 22回分」 桜木 紫乃 全1巻
 姉の章子が中学2年生、秀男は小学6年生になった。文次とも同じクラスになる。そんなおり、道内巡幸中の天皇、皇后両陛下が阿寒と釧路を訪れた。ある日、文次が秀男に話があるという。文次は相撲取りになり、秀男も中学生になる。

「ハイジ 上」 ヨハンナ・シュピリ 全4巻
 アルプスの美しい自然を愛する少女ハイジの物語。ハイジにとって、おじいさんとの山小屋ぐらしは、毎日わくわくすることばかり。ところがある日、フランクフルトに住む少女の友だちになるため、ハイジは山をおりることになりました。

「ハイジ 下」 ヨハンナ・シュピリ 全3巻
 なつかしいアルムの小屋へもどってきたハイジは、大よろこび。無邪気なハイジは、かたくななおじいさんの心を開かせ、周りの人たちの気持ちを変えていきます。ある日、クララがあそびにくるという、うれしい知らせが届きました。

「五年霊組こわいもの係1 友花、死神とクラスメートになる」 床丸 迷人 全3巻
 わたし友花。春になったら霊組のみんなとお別れ・・・のはずがいっしょに5年生に進級できたんだ! で、今年もあさひ小のオバケ担当〈こわいもの係〉として活躍中なの。座敷わらしの花ちゃんや、古鏡の精、鏡子さん、オシャレ命のドクパンもね。2年目だから、幽霊や妖怪だってへっちゃらよ・・・って。へっ、うちのクラスに死神が!?

「魔邸」 三津田 信三 全6巻
 作家だった実の父と死別し、母親の再婚とともに引っ越しを経験した小学6年生の優真。ある日、馴染めずにいた義父の海外赴任が決まり、移住先が決まるまでの一時大好きな叔父と暮らすことになる。しかし、叔父に連れられて訪れたその家は、“神隠し”の伝承がある森に建っていた。その家では不気味な出来事が次々と優真に降りかかるーー。

「オリンピック」 千野 帽子 全4巻
 4年に1度のスポーツの祭典オリンピック。観戦記から、過酷だった古代オリンピックの逸話、誰も注目しなくなった未来のオリンピックまで。9編のオリンピック・アンソロジー。

「卓上四季 2017年12月 北海道新聞コラム」 北海道新聞社 連載 全1巻
 師走に入り飲む機会が多くなる。「酒好きで、しかも酒飲みは不幸な幸福人だ」と種田山頭火はいう(12月1日)。仏教語で過去、現在、未来をまとめてあらわす「過現未」。中桐雅夫さんの詩「酒場過現未」が紹介されている(12月31日)。

「怪談四代記 八雲のいたずら」 小泉 凡 全4巻
 呪いの仏像、鷺に救われた話、今も不思議な怪異が絶えない小泉家。八雲はギリシャで生まれ、世界各地に暮らし日本に流れ着く。旅多き人生と、奇妙な縁でつながった四代の歴史を、曽孫である著者が辿る家族エッセイ。

「日本一よくわかる北海道日本ハム強さの理由」 岩本 勉 全3巻
 栗山監督や大谷選手のすごさ、育成やスカウティングのすごさ・・・。2002年に北海道へ移転を発表した時の選手会長で球団との交渉役だった「ガンちゃん」こと岩本勉が北海道日本ハムファイターズの強さの理由を明かす。




☆ 2018年3月 釧路点字図書館制作デイジー図書

「おじいさんに聞いた話」 トーン・テレヘン 5:39
 「ハッピーエンドのお話はないの?」「これはロシアのお話だからね」。ロシア革命の翌年、サンクトペテルブルクからオランダに逃れ、痛ましくも滑稽な話をぼくに語り続けた祖父。鎮魂の思いがこめられた、宝箱のような掌篇小説集。

「悪魔の種子」 内田 康夫 12:47
 「親友が心を寄せる男に掛けられた、殺人の嫌疑を晴らしてほしい」。お手伝いの須美子に頼まれ、霞ケ浦を訪れた浅見光彦は西馬音内盆踊りで不審死した“奇跡のコメ”開発に携わる農業技術者の秘密を探ろうと動き始める。

「解」 堂場 瞬一 12:48

 バブル経済絶頂期、大江と鷹西は夢を語り合う親友同士。目標実現のためにキャリアを積む二人。が、大江の父親の急逝で忌まわしい殺人事件が起こる。彼らの人生を辿りながら、平成という時代を抉り出す長編社会派ミステリー。

「息子に贈ることば」 辻 仁成 3:55

 日々、壁にぶち当たりながらも息子の食事を作り、送り迎えをし語らい続けた5年間の軌跡。父とすべての息子たちへ・・・苦悩と希望と勇気に満ちた言葉の贈り物。



【寄贈点字図書】

「和食の基本知識 上」 すこやか生活協会 1巻

「和食の基本知識 下」 すこやか生活協会 1巻

「ちょうどいいくらしのしあわせ(抜粋版)」 谷内 正遠 文・東井 義雄 詞 1巻


【雑誌(点字)】

「広報いしかわ 第179号」 石川県 1巻

「点字版 ほっかいどう 第261号」 北海道広報広聴課

「正しく学ぼう 点字ブロックと白い杖・盲導犬」 桜雲会 1巻

「ワールド・ナウ 第48号」 日本盲人会連合 1巻

「月刊東洋療法 287号」 全日本鍼灸マッサージ師会 1巻

「犯罪被害者の方々へ 被害者保護と支援のための制度について」 検察庁 1巻

「点字さっぽろ 第616号」 札幌市視聴覚障がい者情報センター 1巻

「自由民主 第88号」 自由民主党 1巻

「マイナンバー制度のご案内」 内閣官房番号制度推進室 1巻

「ふれあい文庫だより 第52号」 てんやく絵本ふれあい文庫 1巻


【厚生省委託デイジー図書】

「彷徨える艦隊7 戦艦ドレッドノート」 ジャック・キャンベル 14:33

「花を追え 仕立て屋・琥珀と着物の迷宮」 春坂 咲月 9:12

「ジャック・リッチーのびっくりパレード」 ジャック・リッチー 9:05

「深紅の戦場 最強戦士の誕生」 ジェイ・アラン 9:46

「青い海の宇宙港 春夏編」 川端 裕人 8:58

「青い海の宇宙港 秋冬編」 川端 裕人 10:58

「グッド・フライト、グッド・ナイト」 パイロットが誘う最高の空旅 15:03

「熊と踊れ 上」 アンデシュ・ルースルンド・ステファン・トゥンベリ 13:50

「熊と踊れ 下」 アンデシュ・ルースルンド・ステファン・トゥンベリ 14:05

「あたらしい名前」 ノヴァイオレット・ブラワヨ 10:46


【寄贈デイジー図書】

「一緒にパスタを作りましょう 〜料理初心者でもおいしいパスタが作れるようになるために」 すこやか食生活協会 1:25

「ちょうどいいくらしのしあわせ(抜粋版)」 谷内 正遠 文・東井 義雄 詞 0:15


【雑誌(デイジー)】

「声の広報 厚生 第251号」 日本盲人会連合

「声の広報 ほっかいどう 第201号」 北海道広報広聴課

「2018年版 くらしの豆知識」 国民生活センター

【雑誌(CD)】

「犯罪被害者の方々へ 被害者保護と支援のための制度について」 警察庁

「マイナンバー制度のご案内」 内閣官房番号制度推進室