外字で墨点字をつくる(テクティサイトはもっと簡単!)

ママ

☆ 校正の説明のとき点字を文章の中に挿入したほうがよくわかるということ、ありませんか?
外字エディタでつくりましょう。
(VISTA や WINDOWS7には表示されていません。アクセサリを表示し、右クリック、「開く」→「新規作成」→「ショートカットの作成」
「項目の場所」はと聞かれたら eudcedit といれ(わかんなくてもいい)、ショートカットの名前を「外字エディタ」といれます。「完了」)

☆ では「点字」をつくりましょう。
「アクセサリ」→外字エディタ→
はじめは 「F040 0」のコードです。OK すると方眼紙のような画面が出ますので、黒丸ツールとCTRLキーで●をつくります。「コピー、貼り付け、ずるずるひきずる」で6点のメをつくってからスタートするといいでしょう。
失敗したら[選択→削除]か[編集→元にもどす]、[消しゴム]で直します。
[同じコードに保存]  [コードを変更して保存]  [コードを選択する]  この三つを駆使して必要なだけ点字を作ります。なるべく五十音表に近い配列にすると探しやすいです。

☆ 日本語文章に挿入するのは、IMEパッド → 文字一覧 →文字のカテゴリ → Unicode → シフトJIS → 外字  やっとここで選んでから enter 。できましたかしら?

★☆ 全角入力にしておくこと。半角英数ではだめのようです。



トップページへ戻る